ZeAmi HOME  
  ご利用方法・通販法規 新入荷・入荷予定 ご注文は
メールでお願いします
Sale リンク 掲示板 Blog 会報  

イラン - ペルシア音楽 往年の巨匠達

 

タイトル/アーティスト名 レーベル コメント 値段
▲LET NO ONE JUDGE YOU : EARLY RECORDINGS FROM IRAN, 1906-1933(2CD)
Honest Jones *イギリスのHonest Jonesの新作は、長い歴史を誇るペルシャ(イラン)音楽の前世紀初頭の貴重音源を集めた2枚組。グラモフォン・レーベルに残された出張録音SPの中から、カージャール朝王室の楽団による演奏、タールのソロ演奏演奏、そして当時としては珍しい女性歌手のものなどを収録。26ページの英文ブックレットが付録されています。ターヘルザーデなど、Mahoor Institutの盤で知られる名歌手の音源も収録。 \3,150
〓▲7つのダストガーの最初の録音(2CD)
The First Recording of Seven Dastgahs


Vocals: Seyyed Ahmad-Khan, Qoli-Khan Shahi

Tar: Mirza Hoseynqoli, Darvish-Khan, Mirza Asadollah-Khan

Kamanche: Baqer-Khan, Safdar-Khan

Santur: Mirza Ali-Akbar-Khan Shahi


*マーフールからの「アーヴァーズの一世紀」で冒頭を飾っていたような100年前の名歌手たちの録音。有名なエグバル・アザルやターヘルザーデより更に先輩の歌手たちです。カージャール朝宮廷音楽時代のイラン古典音楽のヒストリカル録音に関心のある方は必聴の2枚組!
イランMahoor Institut Record making in Iran started before the constitutional revolution around 1905. The company which recorded and published Iranian Music was "Gramophone" and this company arranged recording sessions which for the first time were held in January 1906 with the assistance of John Taylor, American vice consul. Since some of the court musicians were among the participants of the recording sessions, Taylor promised to ask for the permission of their attendance in the sessions directly from the King. In addition, Maxim Pick, the trade representative of the Gramophone and Hampe brothers (recording experts of the company) also came to Iran. Pick had prepared the requirements for the recording sessions with monsieur Lemair, the head of Iran's military music. Lemair was responsible for the preparation of court musicians, his own ensemble and some other musicians from Tehran for the recordings. The studio located in Tehran, Filkhane Alley, Lalezar Street, next to Saint Louis school.
When record making in Iran started some of the masters of Nasereddin shah era such as Mirza Abdollah, Aqa Hoseyn-Qoli, Nayeb Asadollah, Baqer khan, Mirza Ali-Akbar Shahi and Hasan khan (santur) were still alive. This full collection of seven dastgahs is performed as series of records in which shur, nava and segah dastgahs are performed by Qoli-Khan Shahi while Homayun, Chahargah, Rast panjgah and Mahur dastgahs are performed by Seyyed Ahmad-khan.
This collection seems to be performed by two groups of players and vocalists of the court: the first group is Aqa Hoseyn-Qoli and his students (Darvish khan, Baqer khan and Asadollah khan) who accompanied Seyyed Ahmad khan's singing and the second is Shahi group conducted (led) by Ali-Akbar Shahi accompanying Qoli-Khan's singing.
¥3,100
〓▲イランの古典音楽 
ダストガー・システム

Classical Music of Iran - Dastgah Systems
米Smithsonian Folkways *アフマッド・エバーディー(セタール)、モハンマド・ヘイダリ(サントゥール)、アスガール・バハーリー(ケマンチェ)、ハテレ・パルヴァネ(歌)、フーシャング・ザリフ(タール)、ハッサン・キャサイー(ネイ)など、往年の巨匠達の名前が綺羅星のように並んでいる。カージャール朝以来のペルシア古典音楽の伝統を1960〜70年代まで支えていた巨匠の60年代の演奏を集めた贅沢なディスク。ペルシア古典音楽を聞く時、まず拠りどころとしたい盤。アーヴァーズ(無拍の部分)の独奏が多いので最初地味に感じられるかも知れないが、聴き込むほどに絶大な詩的味わいが感じ取れよう。編集と解説はペルシア音楽研究の草分け的な「Classical Persian Music」の著者でもあるElla Zonis。いずれも1979年以前の録音。 (音楽之友社「世界の民族音楽ディスクガイド」掲載の拙稿) ¥1,600
〓イランの古典音楽(2CD)

曲目:チャハールガー旋法によるケマンチェ・ソロ(アスガール・バハーリー)、セガー旋法によるサアディの詩の歌唱(ゴルパ、タール伴奏はヌール・アリ・ボルーマンド)、ダシュティ旋法のセタール・ソロ(エブラヒミ)、バヤーテ・エスファハーン旋法によるサアディの詩の歌唱(ゴルパ、ケマンチェ伴奏はアスガール・バハーリー)、トンバク・ソロ(テヘラーニ)、セガー旋法によるサントゥール・ソロ(ホセイン・マレク)、バヤーテ・エスファハーン旋法によるタール・ソロ(フーシャング・ザリフ)、アラーキーの神秘詩の歌唱(ザビーヒ)等    
米Rounder *名歌手ゴルパや往年のケマンチェの名匠アスガール・バハーリー、また今や幻の名手とでも言うべきサントゥールのホセイン・マレクの録音や、タールのフーシャング・ザリフ等、50〜70年代の巨匠ぞろい。独ベーレンライター・ムジカフォン音源による復刻がラウンダーから。(アラン・ダニエルーの監修) 器楽ソロが多く地味な印象を持たれる方が多いかもしれませんが、長老バハーリーの哀しく美しいエスファハーン旋法の歌伴や、マレクの繊細かつ大胆な独奏は、ペルシア音楽の最も味わい深い部分でしょう。1枚目の2曲目、ゴルパの伴奏をしているタール奏者は、盲目の巨匠ヌール・アリ・ボルーマンド。これは録音嫌いだった彼の唯一の音源!!
(ムジカフォンの2枚のLPと全く同内容)
¥3,600

品切れ
〓▲ルーホッラー・ハーレギー作品集(4CD)
Compositions by Ostad Ruhollah Khaleqi
イランMahoor Institute Composer: Ostad Ruhollah Khaleqi,
Vocals: Ostad Gholam-Hossein Banan
Ostad Abdolvahab Shahidi,
Coordination: Golnoush Khaleqi

*イラン音楽の近代化における立役者で、ヴァズィーリーの後継者であったハーレギーの作曲作品集。名歌手のバナーンとシャヒーディーが参加している点に要注目。
¥5,850
ペルシア古典声楽(アーヴァーズ)
△パルヴァーネ / Les chants de Parvane
Association Pour Le Developpement De La Musique Du Monde Musulman *録音を聞くことが出来る最も古いペルシア古典音楽の女性歌手の一人で、1910年頃のテヘラン生まれ。まだ20代の頃に結核で亡くなった伝説の女性歌手で、彼女の祖先はシーラーズのガシュガイ族の家系との説があります。何とノンサッチ・エクスプローラーのパイヴァール楽団の録音に出ていた女性歌手ハテレ・パルヴァネの母だそうです。拍節のあるタスニーフよりも、無拍のアーヴァーズで名唱を聞かせる本格派。伝説的なサントゥール名人のハビーブ・ソマーイが伴奏陣に加わっていたり、彼女自身のセタール演奏(弾き語り?)も含まれているようです。 \2,500
△モルーク・ザッラービ / Les chants de Moluk Zarrabi (2CD)
Association Pour Le Developpement De La Musique Du Monde Musulman *1891〜1896年の間のカシャーン生まれのペルシア古典女性歌手の貴重録音。あの伝説的な名歌手ターヘルザーデにもついたことがあるとのこと。1926〜59年の間に膨大な数のSP録音を残しましたが、この2枚組はそれらからの集成。トンバク奏者ハジ・ハーンからトンバクとリズミカルな楽曲を教わったということで、タスニーフが多いです。現在もよく歌われているタスニーフもありました。
\3,100
△ソレイマーン・アミルガーセミ名唱集
Soleyman Amirqasemi, songs

イランMahoor Institut *エグバル・アザルと同時代の名歌手。ターヘルザーデとも友人関係にあったそうです。
Soleyman Amirqasemi is 'Isa Aqabashi's pupil, a close companion and intimate friend of Seyyed Hoseyn Taherzade and Mirza Gholam-Reza Shirazi's and contemporary to Abolhasan Eqbal Azar, Hoseyn-'Ali Nakisa and Hasan Lahni.
He was the son of 'Abbas-Qoli Khan, a member of the Amirsoleymani family, related to 'Azadolmolk, who changed his family name to Amirqasemi to be able to pursue his musical career freely. He also made his recordings under the pseudonym Salim Khan.
He would sing so accurately in tune and in harmony with the instruments and his voice had such excellent qualities that, even in the private cassette recordings made in his old age, in spite of the poor quality of recording, his rich voice is clearly distinguishable from the other singers' and accompanying instruments.
There are second-time recordings of his under the pseudonym Salim Khan, made for the commercial record label "His Master's Voice" in Tehran from among which AX376 and AX377, two recordings of good sound quality preserved in the National Library of France, were chosen and included in the present collection. The rest is an anthology of Amirqasemi's songs recorded privately in his home, sometimes with other singers and instruments accompanying him, in the last decade of his life.
Here are Amirqasemi's features of singing in brief:
・Interpreting songs differently from other singers
・Having a different method of performing warbling for important daramads and gushes in avazes and dastgahs of Persian classical music
・Employing various poetic forms and meters in different parts of a song, consistent with the ups and downs of its particular melody
・Articulating the words using specific ways of breaking and emphasis, for example, emphasizing the negation devices
・Performing the g?shes separately from each other so that one g?she would not interfere with another one, close and homogeneous to it, such as Feyli and Shekaste or Zabol and Rak 'Abdollah
・Having a certain taste in choosing the poems (He sometimes expressed his inner feelings and secrets in his songs, using the appropriate pieces of poetry.)
・Having not even a single tasnif performance either in his old or more recent recordings (Although he was 'Isa Aqabashi's pupil, he was not interested in performing tasnifs.)
¥2,500
△ガマル・アル・マルーク・ヴァズィーリー(2CD)
Qamar ol-Moluk Vaziri / Iranian Classical Music
  youtube
Association Pour Le Developpement De La Musique Du Monde Musulman "Queen of Persian Music"と言われたガマル・アル・マルーク ・ヴァズィーリー(ガマロルモルークとも 1905-59) の、90年代にC&Gからカセットで出ていた音源がCD化されました。20世紀前半の伝説の歌姫のタハリールが復活!! カセットの時と違って、トラックが分けられていて、回転数も正しく修正されています。 \3,100
▲エグバル・アザル名唱集Vol.4
Songs of Eqbal Azar (4)
イランMahoor Institut *録音が残る中では最古参と思われるカージャール朝末期の名男性歌手(1866-1971)。珠玉の復刻も第4集まで来ました。未発音源を含み、最初の11曲はグルジアのトビリシへのDarvish Khan, Baqer Khan, Taherzade, Abdollah Davami との旅の際に録音されています。その次の6曲はキャマンチェ奏者Messiuer Haikとのトルコ語での歌唱。18、19曲目はShahnazi Orchestra とのレコードから、そして、最後の2曲は最晩年のラジオ・プログラムでの録音と、この名歌手の生涯の色々な時期の録音が一枚に集成されています。 ¥2,500
〓▲エグバル・アザル名唱集Vol.3
Songs of Eqbal Azar (3)


Vocals: Eqbal Azar
Kamanche: Baqer Khan
Tar: Darvish Kha
n
イランMahoor Institut Abolhassan Eqbal-Azar (Eqbalossoltan) was born in a village called Alvand, 6 kilometers from the city of Qazvin in the northwest of Iran. The exact date of his birth is under question; it was probably some time in 1866. His father, Molla Musa, was one of the teachers in Haj Molla Salleh Qazvini Seminary. Unlike most seminary teachers, he made a living not by teaching but by working on his farm after school hours. Young Eqbal lost his father when he was only seven and had to move to the city of Qazvin with his family.
Eager to learn more, Eqbal took lessons from Haji Molla Karim Qazvini, one of the vocalists in Nasseredin Shah's house. As a result, the young student soon mastered the different radifs of Persian music.
Upon his acquaintance with Darvish Khan and the other musicians of his day, Eqbal took a trip to Tblisi to produce a record and give a live performance. He was accompanied by Darvish Khan (tar), Baqer Khan Rameshgar (kamancheh), Seyed Hoseyn Taherzadeh (vocals) and Abdolah Davami (tasnif and zarb).
¥2,500

〓▲アボルハサン・エグバル・アザル
Singing at 100s


イランMahoor Institut *1866年生まれで100歳まで生きた伝説の名歌手。ここではアゼルバイジャンのタブリーズ楽派タールの名手ゴラム・ホセイン・ビグジェーハーニ(1918-87)が伴奏。太鼓もアゼリーを彷彿とさせる枠太鼓のダイェレ。単発の先行盤2枚よりは後の録音にも聞こえます。既に高齢だったはずですが、信じられないほど張りのある輝かしい歌声。 \2,500
〓▲エグバル・アザル/Vocal Vol.1
イランMahour Institute *カージャール朝末期の名男性歌手。フルネームはアボルハッサン・エグバル・アザル。録音が残る中では最古参と思われる(1866-1971)。凄絶なまでのタハリール唱法を2枚に亘って味わえる。 ¥2,500
〓▲エグバル・アザル/Vocal Vol.2
イランMahour Institute ¥2,500
▲レザ・ゴリー・ノウルーズィ
/カージャール朝のタスニーフ(2CD)
Reza-Qoli Nowruzi (Qajari Tasnifs)



Tar: Darvish khan
Kamanche: Baqer Khan
Flute: Akbar Khan
Piano: Moshir Homayun
Violin: Hoseyn Khan
Santur: Asadollah Khan
イランMahour Institute *1870頃に生まれた名歌手(兼トンバク奏者)レザ・ゴリー・ノウルーズィの歌うカージャール朝のタスニーフ集。タスニーフ(ペルシア古典音楽における歌曲のようなジャンル)などの拍節のある楽曲を得意にしていた人です。1909年ロンドンでの録音で、伴奏陣がダルヴィーシュ・ハーン、アクバル・ハーン初め錚々たるメンバー。
彼の時代以降、タスニーフは主に女性歌手のヴォーカル・ジャンルという色彩が強くなり、彼は沢山の女性歌手を教えましたが、その中には今では伝説の女性歌手ガマル・アル・モルーク・ヴァズィーリー(Qamar al-Moluk Vaziri - 1959年没 )やバトゥール・パルヴァネ(Batul Parvane)もいたとのこと。特にガマル・アル・モルークの録音は、今の状況では幻の録音のように見なされているようです。(96年頃にカセットが一本出ていました)
¥3,100
▲ ターヘルザーデの歌 Vol.2 (2CD)
Songs of Seyyed Hoseyn Taherzade 2

Piano: Moshir-Homayun Shahrdar
Santur: Asadollah Khan
Tar: Darvish Khan , Asadollah Khan
Kamanche: Baqer Khan
Clarinet , Flute: Akbar Khan
Violin: Hoseyn Hangafarin
イランMahour Institute *あのハイトーン・ヴォイスのターヘルザーデ(1882-1955)の録音の続編が登場。

Accompanying notes: Farshad Tavakoli
¥3,100
〓▲ターヘルザーデ/Vocals
イランMahour Institute *1905 年から1926年に録られた名歌手ターヘルザーデ(1882-1955)の蝋管録音からの復刻。録音の悪さを超えて響き渡る、輝かしいハイトーン・ヴォイスのタハリールが素晴らしい。タールの巨匠ダルヴィーシュ・ハーンを中心に、ケマンチェのバゲル・ハーン、フルートのアクバル・ハーンなど、同時代の名手との共演。
ダルヴィーシュ・ハーンはミルザー・ホセイン・ゴリーの高弟で、カージャール朝末期の楽士5人がレコード製作のためパリを訪れるイラン映画「デルショデガーン」の主人公デルナヴァーズのモデルは、この師弟のどちらかだろうと見られている。ターヘルザーデも同行メンバーの一人。
¥2,500
▲カージャール朝のタスニーフ 
Qajar Tasnifs (2CD)

録音:1914年と1977年 

Performed by: Abdollah Davami
Tar: Darvish khan
Kamanche: Baqer khan Rameshgar
イランMahoor Institute *カージャール朝のタスニーフ集。1枚目は往年の巨匠アブドッラー・ダヴァーミとダルヴィーシュ・ハーン他の演奏。録音は1914年ですので、当然ノイズは多いですが、ダヴァーミの若い頃は女性の歌と間違えそうなほど声が高く張りがあり、香気に溢れています。2枚目は1977年の独唱。彼はシャジャリアンを始め、後の音楽家達の師匠でしたが、この録音は生徒の一人Karim Salehazimiのために収録されたもの。1枚目から63年を経た、枯れた味わいの晩年のダヴァーミの歌唱が聞けます。余談ですが、ダルヴィーシュ・ハーン(ジャケット左)は、いつも小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)にそっくりだなと思ってしまいます(笑) ここにターヘルザーデが入れば、映画「デルショデガーン」のモデルそのまま。 ¥3,100
▲ジャヴァッド・バディザーデのタスニーフ
Tasnifs by Javad Badizade 

Vocals: Javad Badizade
Performers:
Violin: Abolhasan Saba
Piano: Morteza Mahjoubi
Violin: Mehdi Khaledi
Tar: Yousef Kamousi
Piano: Farhad Motamed
イランMahoor Institute *ジャヴァッド・バディザーデの歌うタスニーフ集ですが、伴奏陣が豪華で、モルタザー・マハジュビーやアボルハサン・サバーの名が見えます。彼は名歌手バナーンの伴奏でもよく出てました。 ¥2,500
▲Works by Banan (Che Shurha)   
Music: Ruhollah Khaleqi
Vocals: Gholam-Hoseyn Banan
イランMahoor Institute
*ダシュティ旋法の「デイラーマン」を一躍有名にした往年の名歌手バナーン。「イラン近代音楽の父」ルーホッラー・ハーレギーの曲を歌っています。
オーケストラ伴奏の軽古典歌曲
¥2,500
▲Works by Banan (Mey-e Nab) 
Music: Ruhollah Khaleqi
Vocals: Gholam-Hoseyn Banan
イランMahoor Institute ¥2,500
▲Works by Banan (Golrizan) 
Music: Ruhollah Khaleqi
Vocals: Gholam-Hoseyn Banan
イランMahoor Institute ¥2,500
▲ジェナーブ・ダマーヴァンディ&ホセイン-アリ・ナキサー/Vocal Performances of Jenab Damavandi & Hoseyn-Ali Nakisa
イランMahoor Institute *ジェナーブ・ダマーヴァンディ(1871?-1980)は、現代のペルシア音楽の始祖の一人アーガー・ホセイン・ゴリーとも共演していたというカージャール朝の古典歌手&宗教歌歌手。Century of Avazの1枚目に1曲収録がありました。アリ・アクバル・シャーナズィーとも録音があるようです。ホセイン-アリ・ナキサー(1882-1976)も少し後の生まれで、宗教歌を学んだ後に古典のラディーフを習得したようです。シャーナズィーやモルタザー・マハジュビー(Pf)との共演もある人です。(マハジュビーはバナーンなどの伴奏もやっていました。結構伴奏音源も多い人です)やはり音はかなり悪い訳ですが、カージャール朝の名人の歌声はとても素晴らしいです。二人とも凄く長生きしたのですね!  ¥2,500
〓▲アーヴァーズの一世紀(3CD)
歌手名:Qoli Khan Shahi, Qorban Khan, Saadatmand Qomi, Setted Rahim, Seyyed Ahmad Khan, Abolhasan Egbal Azar, Jenab Damavandi, Ali Khan Nayebossaltaneh, Nakisa, Seyyed Ali-Asghar Kordestani, Hasan Khan Sanjelani, Seyyed Hoseyn Taherzadeh, Abdollah Davami, Soleyman Amir Qasemi, Ebrahim Buzari Taleqani, Ali Mostowfian, Rajab-Ali Amiri Fallah, Esmail Adib Khansari, Jalal Taj-Esfahani, Mahammad Rasa'i, Reza-Qoli Mirza Zelli, Hoseyn Qavami, Yunes Dardashti, Mahommad Taherpur, Jahansuz Dadbeh, Gholam-Hoseyn Banan, Seyyed Javad Zabihi, Mahmud Karimi, Mahmud  Mahmudi Khansari, Razavi Sarvestani, Rambod Sodeyf, Mohammad-Reza Shajarian
イランMahoor Institute *歴代の名歌手の名唱を32曲収録した編集盤。エグバル・アザルやターヘルザーデのようなカージャール朝末期の歌手から、現代のキャリーミ、バナン、ハンサリ、ラザヴィ、シャジャリアンまで。名前を見るだけでも壮観。伴奏者も歴代の超一流名手。 ¥4,450
〓▲セイイェド・アリ・アスガル・コルデスターニ/The Songs of Seyyed Ali-Asqar Kordestani
      
イランMahoor Institute *往年の名歌手(1881-1936)の記録。ノイズは調整されていますが、生々しい感じは十二分に伝わってきます。鮮烈で崇高なまでの歌声。伴奏はアボルホセイン・シャーナズィー(Tar)、ムーサー・ネイダヴード(Vn)、ナスロッラー・ザッリンパンジェ(Tar)、サリム・カーン(Vn)、メヘディ・ナヴァーイ(Ney)。トンバク伴奏はほとんどなしで、いずれかの楽器が歌に沿うように伴奏。 ¥2,500
▲アブドッラー・ダヴァーミのヴァージョンに基ずく186の古典タスニーフ(5CD)
モフセン・カラマティ(歌)、
パリサー・カーシェフィ(ケマンチェ)
186 Classical Tasnifs Based on the Version of Ostad Abdollah Davami
Vocals:Mohsen Karamati Kamanche:Parisa Kashefi
イランMahoor Institut  \7,750
〓▲アブドッラー・ダヴァーミのヴォーカル・ラディーフと古いタスニーフ(3CD)

     
イランMahoor Institute  *1891年生まれのイラン古典声楽の巨匠がモハンマド・レザ・ロトフィのタール伴奏で彼のラディーフとタスニーフを聴かせる。現在も活躍中のロトフィと共演しているので、おそらく晩年の録音でしょう。枯れた味わいがこれまた絶品。マームード・キャリーミやハテレ・パルヴァネ(ノンサッチ盤などあり)、マルジェ、ホマ、ナゼリなどもこの人に学んだようです。 ¥4,450
〓▲アディブ・ハンサリ/Persian Vocal Music (3CD)
     
イランMahoor Institute *往年の名男性歌手(1901-82)の貴重録音の3枚組。エブラーヒム・サルコシュのタールのみの伴奏で切々と聴かせます。絶品! ¥4,450
〓▲レザー・ゴリ・ミルザザリ/Vocals
イランMahour Institute *サバーやシャーナズィーらと同時代に活躍した男性歌手(1906-46)。モシル・ホマーユン(ピアノ)、アフマッド・エバーディー(セタール)、アボルハサン・サバー(Vn)らが交互に伴奏。輝かしいタハリールを聞かせたが若くして亡くなった。     
      
¥2,500
▲マームード・キャリーミー
Vocal Performances of Ostad Mahmoud Karimi

ダリウーシュ・サフヴァト(Setar)
ファラマルズ・パイヴァール(Santur)
     
イランMahoor Institut *パリサーやナーゼリーなど、優れた後輩を育てたことでも知られる名歌手(1927-84)。アリザーデの演奏でも耳なじみの節で始まるラストパンジガー(42:47)とバヤーテ・トルク(29:31)。前者はセタール、後者はサントゥールのみの伴奏。サフヴァトはグーシェの名をナレーションしながら演奏し、キャリーミに渡す。実に気品のある歌声で優雅の極み。気心の知れた演奏家同士リラックスして奏でている様が目に浮かぶようです。      \2,500
〓▲ペルシア古典音楽の声楽ラディーフ
 〜マームード・キャリーミー(5CD)

   
イランMahoor Institute *数年前にカセット6巻組と楽譜(全曲を採譜)のセットで入ったことのある音源のCD化。パリサーなど後の名歌手を育てたキャリーミの名唱。オール無伴奏歌唱。歌だけなので、少々地味に聞こえるかも知れませんが、ペルシア音楽の神髄を聞く珠玉のセットです。(現在楽譜付きは出回ってないようです) ¥7,750
▲ジャヴァード・バディーザーデ
/古いペルシアのタスニーフ
  
イランMahoor Institute *西洋楽器も入った民族アンサンブルの伴奏での歌唱を得意としていた人(1902-79)のようです。少しライトな味わいの古典歌唱。モハンマド・ムーサヴィーの解説 (英訳有り)。 ¥2,500
▲1950年代のペルシアン・タスニーフ  
 マヌチェフル・ホマーユンプール
       
イランMahoor Institute *1923年生まれの男性歌手。西洋楽器との折衷オーケストラ、イランの伝統楽器アンサンブル、両方の伴奏で歌っていて、声質は少しゴルパに似た人。時代がら伴奏陣も豪華。 ¥2,500
▲ラザヴィ-サルヴェスターニ/Farah
イランMahoor Institute *95年にスイスのAmoriから出ていた同名盤の再発。モーリス・ベジャールの1973年のバレエ「ファラー」のための演奏を収録したもので、大分前に引退してしまった当時の名歌手セイイェド・ヌーレッディン・ラザヴィ-サルヴェスターニの名唱を記録した貴重録音。タールのタライを初めボルーマンド門下生から構成された伴奏陣も豪華。この人のまとまった音源はビクター(JVC)の「ペルシア絶唱」とこれくらいです。この人をレジェンダリーに入れるのは早いような気もしますが、現役を退いているのでこちらへ入れました。 ¥2,500
ウード、バルバット
〓イラン ペルシアの音楽

Dastgah Mahur, Dastgah Segah

アブドルワハブ・シャヒーディー(ウード、歌)、
ジャリール・シャーナズ(タール)、
アスガール・バハーリー(ケマンチェ)、
ファラマルズ・パイヴァール(サントゥール)、
ハッサン・ナヒッド(ネイ)、
ホセイン・テヘラーニ(トンバク)  
仏Ocora *名男性歌手シャヒーディーをフィーチャーした名盤中の名盤で、これだけの超豪華な布陣は今ではまず考えられない。70年代頃までの各楽器の一番の名人が共演し、特にウード弾き語りのシャヒーディー氏の自作曲「Negah Garm To」は本当に美しい。この盤は伴奏のファラマルズ・パイヴァールで知られることが多かったかも知れませんが、彼よりはやはりシャヒーディーのカラーがストレートに出た内容。マーフール旋法の「Negah Garm To」は米CALTEXの曲名と同名の盤にそっくりですがテイク違い。2曲目は違う旋法の演奏で、このセガーも躍動感溢れる導入部から実に聞かせる演奏。 ¥2,500

品切れ
廃盤
ゴルハーイェ・ターゼー(新しい花シリーズ)
アブドルワハブ・シャヒーディ(Vo, Oud)他
米Taraneh ¥1,800

品切れ中
サントゥール、ピアノ
△モシル・ホマーユン・シャールダール
Moshir Homayoun Shahrdar, Piano
イランMahoor Institut ペルシアのピアノと言えば、モルタザー・マハジュビーやジャヴァッド・マアルフィが有名ですが、彼らより上の世代のピアニスト(1885-1970)の録音が登場しました。旋法は、マーフール、ダシュティ、ホマーユン、アフシャーリー、マーフール、ダシュティ、ホマーユンをそれぞれ10分前後独奏しています。この時期ですから、構造的に似ているサントゥールの模倣から入っていると思いますが、ピアノがイランに入って、イラン的な用いられ方をするのは20世紀に入ってからと思いますから、彼がパイオニアと見ていいようです。ペルシアの音階に合わせた微分音調律もしているようです。 \2,500
〓▲モルタザー・マハジュビー
/The Art of The Piano 1 & 2

Piano: Morteza Mahjubi
イランMahoor Institute 下記2枚シリーズは、セット売りのみに変わりました。 ¥3,100
〓モルタザー・マハジュビー
/The Art of The Piano 2

Piano: Morteza Mahjubi

Avaz-e Bayat-e Tork, Avaz-e Afshari
, Avaz-eAbuAta, Dastgah-e Homayun, Avaz-e Bayat-e Esfahan, Dastgah-e Segah, Dastgah-e Chahargah
イランMahoor Institute *モルタザー・マハジュビー(1900-65)のペルシアン・ピアノのアルバムは、おそらく店では当店が日本で初めて入れたと思いますが(05年の前半でした)、いつの間にやらかなり評判になっているようです。そんな声がイランに届いたのか、第2集が登場しました。これには驚きました。 \2,500

品切れ
〓モルタザー・マハジュビー
/The Art of the Piano

Piano: Morteza Mahjubi

Avaz Dashti, Avaz-e Bayat-e Tork, Avaz-e Abu ata, Avaz-e Afshari, Dastgah-e Segah, Dastgah-e Homayun
    
ZeAmiブログ
イランMahoor Institute *正にサントゥールをピアノに置き換えたような枯淡な味わいの演奏。ペルシアン・ピアノと言えばジャヴァド・マアルフィも有名ですが、微分音調律されたピアノで聞くマハジュビーのセガーやホマーユン等は特に絶品。

(店主が1980年に柘植元一氏のFM番組で聞いて以来、25年間探していた録音。その時にかかったホマーユン旋法も入っています。感涙ものの一枚でした)
¥2,500

品切れ
■ジャヴァッド・マアルフィ
/Raaz

 
米CALTEX  *ペルシアン・ピアノの巨匠。マハジュビーより少し後の世代で、かの有名なタール奏者ムーサー・マアルフィーの息子。彼の米CALTEXからの諸作の中で、最も古典的な独奏を聴かせる盤。 ¥1,800

品切れ
〓▲サントゥールの一世紀 (2CD)
Mirza Ali-Akbar Shahi, Hasan Khan, Habib  Samai, Hoseyn Saba, Hoseyn Malek, Reza  Varzandeh, Mansur Saremi, Farajarz Payvar, Majid Kiani, Parviz Meshkatian
イランMahoor Institute *打弦楽器サントゥールの歴代名手を集めたコンピレーション。ホセイン・マレクは独Musicaphon音源か。こうして並ぶと意外に古い時期の名手が少なく、パイヴァール以降の3人がいかに目立つ存在かを再確認。 
2011年頃から音源が追加されて2枚組になりました。
¥3,100
▲レザ・ヴァルザンデ/Santur Solo

Santur: Reza Varzande
Tombak: Jahangir Malek
イランMahoor Institute *病のため早世した往年のサントゥール名人レザ・ヴァルザンデ(1926 Kashan生-76)のサントゥール独奏。日本でも名高いホセイン・マレクと近い世代でしょうか。Habib Soma'i (santur)やMorteza Mahjoubi (piano)の影響も強く受けて芸歴をスタートさせたようです。トンバクのジャンギール・マリクも味のある演奏を聞かせる人。ハッサン・キャサイーなどの伴奏をしていた人です。 ¥2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/ Shur & Mahur (Ensemble Performance)


イランMahoor Institut composed & arranged by Ostad Faramarz Payvar ¥2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/ Trio in Mahur & Segah


イランMahoor Institut Santur: Faramarz Payvar,
Tar: Hushang Zarif,
Tombak: Mohammad Esma'ili
¥2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール&ホセイン・テヘラーニ/Zard-e Malije

イランMahoor Institut *サントゥールとトンバクの巨匠の共演。ダシュティとアフシャーリーですが、少なくともダシュティの方は他の音源(今の所不明ですが、米西海岸レーベルのカセット音源にあったように思います)に入っていた演奏。往年の名コンビの非常に素晴らしい演奏です。特にテヘラーニのトンバクは、これぞトンバク!と思わず膝を打つような胸のすくような豪快な音。 \2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Haft Peykar、 Traditional Rengs

パイヴァール(Santur)、M.エスマイリ(Tombak)、H.ファルハドプール(Vn)

イランMahoor Institut *ニザーミの最高傑作と言われることもある「七人像(ハフト・パイカル)」に基ずく演奏と、伝統的な8分の6拍子(ヘミオラ型ですが)の舞曲レング集。  \2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Chahargah-Shur In Memoriam, Habib Soma'i

イランMahoor Institut *オール・サントゥール・ソロで、仏Al Surから出ていたアルバム(ALCD 164)と同内容。アルスール盤は曇ったような音でしたが、音質がリマスターされて非常にクリアになっています。 \2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Dastgah-e Homayun
  

イランMahoor Institut *サントゥールの巨匠とモハンマド・エスマイリのデュオ演奏。ホマーユンらしい艶美な演奏。ここでのエスマイリは師匠のテヘラーニと聞き紛いそうです。 \2,500
▲ダルヴィーシュ・ハーン作品集(3CD) arranged and conducted by Faramarz Payvar
イランMahoor Institut *カージャール朝末期の音楽家、ダルヴィーシュ・ハーンのレパートリーをファラマルズ・パイヴァール(Santur)が編曲して楽団演奏。フーシャング・ザリフ(Tar)、ハッサン・ナヒド(Ney)、ラフマトッラー・バディイー(Kamancheh)、モハンマド・エスマイリ(Tombak)といったパイヴァール楽団のおなじみメンバーが集合。 \4,450
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Fifty Years of Artistic Contribution to the Honour of Ostad Faramarz Payvar (2CD)


    
イランMahoor Institute *サントゥールの巨匠、活動歴50周年記念の2枚組。トンバクの神様ホセイン・テヘラーニ、キャマンチェのアスガール・バハーリー、ヴァイオリンのアボルハッサン・サバー、声楽のキャリーミ等との共演など、往年の大巨匠との秘蔵音源が目白押し。後の世代の名歌手では、シャヒーディーやシャジャリアン、ナゼリ、アディブとマームーディーの両ハンサリとの共演もあって、ちょっと信じられない程です。 \3,100
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Ensemble Playing







パイヴァール・アンサンブル
 =ファラマルズ・パイヴァール(サントゥール)、
 ハッサン・ナヒッド(ネイ)、 
 モハンマド・エスマイリ(トンバク)、
 ラフマトッラー・バディイー(キャマンチェ)、
 ハサン・マヌチェリ(バルバット)、
 フーシャング・ザリフ(タール)、
 モハンマド・デルナヴァズィー(ロバーブ)、
 ホセイン・ファルハドプール(ゲイチャク)他
イランMahoor Institute *70年前後と思われるパイヴァール・アンサンブルの録音集。胴のくびれた弓奏楽器のゲイチャクが3人と言うのが今では異色かも。ゲストが超豪華。→(アフマッド・エバーディー、アスガール・バハーリー、ロトフォッラー・マジッド、ホセイン・テヘラーニ) \2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Improvisations on Santur

イランMahoor Institute *名手のナヴァーとラストパンジガーのソロを収録。おまけで小品(Prakandeh)が一曲。 ¥2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール作曲の
 チャハールメズラブ集

  
イランMahoor Institute *サントゥールの巨匠パイヴァールが作曲したチャハールメズラブ(4 Beatの意)集。テンポが速く拍節のある器楽曲で、各楽器の名人芸を披露する代表的な部分。パイヴァールのサントゥールにエスマイリのトンバク。(3曲だけホセイン・テヘラーニ) ¥2,500
▲ファラマルズ・パイヴァール
/Shahrashoub
イランMahour Institute *日本や欧米で「サントゥール」と言えばこの人が一番よく知られています。
39分に及ぶレング(Reng-e Shahrashub)に始まるサントゥールの巨匠のソロ・アルバム。その他はPeyvand, Chaharmezrab-e Nahoft, Fariba, Poupak。
¥2,500
タール、セタール、タンブール(撥弦楽器)
△ダルヴィーシュ・ハーンのタール独奏
Darvish khan, tar

イランMahour Institute *内容は今の所不明ですが、未発音源では? ¥2,500
▲アーガー・ホセイン・ゴリー/カージャール朝の様式によるタールの即興
Aqa Hoseyn-Qoli
Improvisation in the Qajar Style


The Qajar style is an energetic improvisatory style giving priority to technical instrumental and vocal skills. Its most remarkable characteristics are:
1. The improviser mainly relies on radif as model and uses it as to how modulate and how to form musical periods and motifs.
2. Free-metered passages are more important than fix-metered ones. Improviser scarcely performs fix-metered passages and his art manifests itself primarily in free-metered sections.
3. In free-metered passages the performer is not involved with well-defined and clear periods and phrases; memorable thematic material are scant and improviser tries to decompose melodic ideas and to develop them.
4. In this way, motif and short melodic elaboration __ those usually borrowed from radif __ is the most demanding task of improviser.
5. To elaborate motifs and melodic figures, improviser uses all his musical devices like total/partial repetition __ usually with ornamentation __ extension, transposition to higher degrees, etc. Occasionally, an idea is introduced as intact and the improviser manipulates it. This manipulation of an idea usually results in its total deconstruction, beacuse of which it might become almost unrecognizable.
6. Applying highly-ornamented, ascending and descending passages creates coherency in improvisation; they connect sometimes 2 or 3 important tones of the mode.
Other characteristics of the Qajar style are:
1. Continuous uninterrupted phrases with few rests,
2. Abundance of ornamentation,
3. High speed and high density,
4. Narrow dynamic range,
5. Copious tremolo passages in plucked chordophones and using bass string as drone.
Musicians in this style are regarded as indisputable masters of Persian classical music. Amongst them the Farahani family is dominant. Its version of radif is still the most important and ubiquitous musical heritage. Aqa Ali-Akbar Farahani was the elder member whose radif was inherited by his two sons, Mirza 'Abdollah and Aqa Hoseyn-Qoli.
イランMahour Institute *アーガー・ホセイン・ゴリー(1853-1915)は、ミルザー・アブドゥッラー(1843-1918)の弟、アリ・アクバル・シャーナズィーの父で、兄と並んでカージャール朝の正統派タール奏法の源と言える存在。廃盤になった「カージャール朝のタールの芸術」にもダルヴィーシュ・ハーンと一緒に彼の演奏が入っていましたが、これだけまとまった録音は初でしょう。

Aqa Hoseyn-Qoli was born in c. 1853. He was still a child when his father, Aqa Ali-Akbar Farahani, died and he studied tar first with his elder brother, Mirza Abdollah, and afterwards with his cousin, Aqa Qolam-Hoseyn who had already learned radif from his uncle. Aqa Hoseyn-Qoli played tar with utmost skill and with more delicate and rapid tremolos than those of his brother, Mirza 'Abdollah. His was a remarkable and clean tone and his rendition of periods and phrases were precise and attentive. He showed little interest to punctuate gushes with fix-metered pieces.
Mirza Qolam-Reza, Qolam-Hoseyn Darvish, Fakham-od-dowle Behzadi, and Morteza Neydavud were amongst his pupils. He had two sons, Ali-Akbar Shahnazi and Abdol-Hoseyn Shahnazi, with the former known as a great virtuoso tar player. Aqa Hoseyn-Qoli died in c. 1915 in Tehran. On record, he has accompanied vocalists Seyyed Ahmad Khan and Jenab Damavandi. He also recorded a few of his own solo performances.



曲目、演奏時間
1 Dastgah-e Mahur, Delkash 3:03
2 Dastgah-e Mahur, Araq 2:58
3 Dastgah-e Homayoun 3:05
4 Dastgah-e Homayou, Neydavud 3:20
5 Dastgah-e Nava 2:49
6 Avaz-e Rohab 3:25
7 Dastgah-e Mahur, Pt. 1 3:02
8 Dastgah-e Mahur, Hesar 3:00
9 Avaz-E Kord-e Bayat 3:16
10 Dastgah-e Chahargah, Mokhalef 3:21
11 Dastgah-e Shur 3:22
12 Dastgah-e Segah 3:04
13 Dastgah-e Segah, Zabol & Hesar 2:53
14 Dastgah-e Segah, Mokhalef 2:47
15 Pishdaramad-e Mahur 3:17
16 Dastgah-e Mahur, Pt. 2 3:28
17 Tasnif-e Bayat Tork 3:25
¥2,500
▲オスタッド・ユーセフ・フォルタン
/Old Zarbis 2 (3CD)

イランMahour Institute This collection includes Zarbis of Ostad Forutan in Dastgah-e Shur, Mahur, Segah, Chahargah and avaz-e Afshari, Bayat-e Tork, Dashti and Bayat-e Esfahan . In the booklet of this album which is written by Farshad Tavakoli, he has note that: "Forutan's style of setar is where Mirza Hoseyn-Qoli's with zarbis and Rokneddin Mokhtari's pishdaramads reach each other and these two combine with ornamentations of Darvish Khan's setar and tone colors of Moshir-Homayun Shahrdar's piano.... Forutan's setar narrates Naseri's period national hymn (made by Jean-Baptiste Lemaire) with the same genuineness that narrates Shahrashub in Shur." Ostad Forutan was acquainted with piano, violin and zarb besides tar and setar. In this collection has played works by Rokneddin Mokhtari, Homayun Shahrdar, Darvish Khan, Morteza Neydavud, Montazamolhokama and also "Che Shurha" and "Ey Aman" tasnifs by aref Qazvini. ¥4,450
▲オスタッド・ユーセフ・フォルタン
/Old Zarbis - Classical Metric Pieces
イランMahour Institute *往年のセタールの巨匠。古いザルビー(拍節のある楽曲)集。 ¥2,500
▲オスタッド・ユーセフ・フォルタン/Setaar
イランMahour Institute *往年のセタールの巨匠。 ¥2,500
▲ユーセフ・フォルタン
/Radif of Persian Music on Setar (3CD)


       
イランMahoor Institute *1891年生まれのセタール名人で、ミルザー・アブドゥッラーやアーガー・ホセイン・ゴリーの直弟子の一人。シーラーズ芸術祭のビデオ(モノクロ映像)などもあった人です。 ¥4,450
▲MAESTRO MEHDI KAMALIAN'S COMMEMORATION

Tar: Maestro Mohammad Reza Lotfi
Singer: Maestro Rajab Ali Amiri-Fallah
Setar: Maestro Sa'eed Hormozi
01. Bayat-e Esfahan
02. Bayat-e Zand
03. Bayat-e Esfahan
04. Abou'ata
イランBarbad

*声楽が中心とは思いますが、何と、現代の名人ロトフィと往年のホルモズィの共演があるようですので、こちらにアップしておきます。
\2,500
▲NIYAZ

Violin: Maestro Parviz Yahaghi
Setar: Maestro Ahmad Ebadi
01. Daramad-e Chargah
02. Charmezrab-e Chargah
03. Avaz-e Chargah
04. Zabol
05. Mokhalef
06. Edameh-e Avaz-e Mokhalef
07. Mokhalef
08. Charmezrab-e Mokhalef
09. Daramad-e Homayuon
10. Ghet'eh-e Zarbi-e Sangin-e Homayuon
11. Charmezrab-e Homayuon
イランBarbad *ミルザー・アブドゥッラーの息子アフマッド・エバーディーが、ヴァイオリンのヤハギと共演。セタール奏者のビッグネームのためにこちらにアップします。 \2,500
▲ZOMORROD

Tar: Maestro Farhang Sharif
Tonbak: Jahangir Malek
01. Shoor: Moghaddameh
02. Shoor: Charmezrab
03. Shoor: Forood
04. Abou'ata: Moghaddameh
05. Abou'ata: Charmezrab
06. Abou'ata: Forood
イランBarbad *往年のタール名人ファルハング・シャリフのシュールとアブ・アター。トンバクは、プラヤ盤のハッサン・キャサイの伴奏をしていたジャハンギール・マリク。 \2,500
〓▲カージャール朝のタールの芸術 
Art of Tar from Qajar Period (3CD) 


Tar : Mirza Abdollah , Mirza Hoseyn Qoli , Gholam Hoseyn Darvish
Mirza Gholam Reza Shirazi , Asadollah Khan Atabaki , Esmaeel Saqi
イランMahoor Institut *以前出ていて廃盤になった1枚ものの「カージャール朝のタールの芸術」↓の続編。その1CD版や「タールの一世紀」と数曲ダブっています。19世紀のタール音楽を垣間見る究極の3枚組。現代ペルシア音楽の祖ミルザー・アブドゥッラーを初め、ミルザー・ホセイン・ゴリー(アーガー・ホセイン・ゴリー)、ゴラム・ホセイン・ダルヴィーシュ(ダルヴィーシュ・ハーン)他。タールでの歌伴が多く、歌手もEghbal Azal, Taherzadeh, Abdollah Davami等の往年の名歌手が続々登場。 ¥4,450
〓カージャール朝のタールの芸術
アーガー・ホセイン・ゴリー
ダルヴィーシュ・ハーン
イランMahour Institute *アーガー・(ミルザー)ホセイン・ゴリー(1851-1916)とダルヴィーシュ・ハーン(1872-1926)の演奏を収めたアルバム。ゴリーはアリ・アクバル・シャーナズィーの父で、兄のミルザー・アブドゥッラーと並び賞される現代ペルシア音楽の父。彼の弟子の一人ダルヴィーシュはターヘルザーデなどの伴奏もしていた名人。ゴリーの録音が5曲も入っているのはこれだけのようです。ダルヴィーシュ・ハーンの2曲は中でも絶品。
ダルヴィーシュ・ハーンはミルザー・ホセイン・ゴリーの高弟で、カージャール朝末期の楽士5人がレコード製作のためパリを訪れるイラン映画「デルショデガーン」の主人公デルナヴァーズのモデルは、この師弟のどちらかだろうと見られている。歌のエグバル・アザルやターヘルザーデも同行メンバー。
¥2,500

品切れ
廃盤
〓▲アリ・アクバル・シャーナズィー
/Tar: Ostad Ali-Akbar Shahnazi (2) 

イランMahour Institute *ミルザー・アブドゥッラーの兄アーガー・ホセイン・ゴリーの息子アリ・アクバル・シャフナーズィーの未発録音。Jenab DamavandiやNakisa、Enayatollah Sheybani、Jamal Safaviなど、往年の名歌手達の伴奏プレイを中心に収録。タハリールの入った歌との絶妙なやりとりをたっぷり堪能できる一枚です。 ¥2,500
■ムーサ・マアルフィ
 &ヤフヤ・ザッリンパンジェ
Tar: Musa Marufi & Yahya Zarpanje
 

イランMahour Institute *ダルヴィーシュ・ハーンより1,2世代下の名手ムーサ・マアルフィとヤフヤ・ザッリンパンジェ(共に1897年生まれ)のタールデュオ。柘植元一氏がイラン留学中に教わったナスロッラー・ザッリンパンジェの類縁では。清冽で華麗なテクニックによる名演。8曲目の演奏中にピッチが上がる所がありますが、編集課程の音がマスターに入ってしまっているよです。 ¥2,500
▲モルタザー・ネイダーヴード/Tar: Ostad Morteza Neydavoud 

イランMahour Institute *モルタザー・ネイダーヴード(1900-90)のタール名演集。世代としてはムーサ・マアルフィより少し下。 ¥2,500
▲ミルザー・アブドッラーのラディーフ(5CD) 
ヌール・アリ・ボルーマンド(Tar,Setar)

The Radif of Mirza `Abdollah (for the Tar and Setar)
Interpreted and Performed by Ostad Nur-`Ali Borumand


イランMahoor Institut *カージャール朝時代の宮廷楽士、アーガー・アリ・アクバル・ファラーハーニーの息子で、現代ペルシア音楽の祖とも言えるミルザー・アブドッラー(1843-1918)のラディーフを、盲目の名人ボルーマンド(1905-1976)が演奏。ミルザー・アブドッラーのラディーフを最もオリジナルな形で伝承していたと言われるボルーマンドの秘蔵音源の登場です。彼の録音はムジカフォン音源他数点しかなかったので、「ダストガー・マーフールの解析」(4CD)とのダブル・リリースは正に快挙! (ジャケット写真はミルザー・アブドッラー) \7,750
▲ダストガー・マーフールの解析(4CD) 
ヌール・アリ・ボルーマンド(Setar)

録音とインタビュー:ホルモズ・ファルハト
Descriptive Analysis of the Dastgah-e Mahur by Ostad Nurali Borumand
Setar:Ostad Nurali Borumand
Recording and Interview by Hormoz Farhat
イランMahoor Institut *ボルーマンド教授による講義の模様を収録。セタールを手に弟子に稽古をつけているようです。旋法はマーフール。晴朗で威厳のある極めて美しいダストガーです。後半の2枚ではヴォーカルテクニックのレッスン。パリサーが78年来日時に歌っていた有名なタスニーフも出てきます。これはまた素晴らしいアーヴァーズだと思ったら、生徒は名歌手ラザヴィ・サルヴェスターニ! ホルモズ・ファルハトはダリウス・ミヨー等の下で西洋音楽の作曲も学んだ作曲家で民族音楽学者。 \5,850
▲アリ・アクバル・シャーナズィーのラディーフ上級レパートリー(3CD)
アリ・アクバル・シャーナズィー(Tar)
Radif Advanced Repertory of Ostad Ali Akbar Shahnazi
Tar:Ostad Ali Akbar Shahnazi

イランMahoor Institut *弟ミルザー・アブドゥッラー(アフマド・エバーディーの父でシャーナズィーの叔父)と並んで現代ペルシア音楽の直接の始祖と言われる兄アーガー・ホセイン・ゴリーの実子シャーナズィー(1897-1984)のラディーフ演奏を収めた3枚組。1977年の録音なので、当時80歳ということになりますが、年齢を感じさせないかくしゃくとした音の運びは、やはり実に素晴らしいものです。 \4,450
▲ミルザー・ホセイン・ゴリーのラディーフ(2CD)
イランMahoor Institut *現代ペルシア音楽の祖の一人、アーガー・ミルザー・ホセイン・ゴリー直伝のラディーフを、弟子の一人フハーム・アル・ドウレ・ベーザーディーがタールで独奏した2枚組み。カージャール朝の宮廷楽士ファラーハーニー(ミルザー・アブドゥッラーとホセイン・ゴリーの父)一家のラディーフの最も正統な継承者の一人と見られているようです。淡々としていますが、 古雅で味わい深い演奏です。 \3,100
〓▲タールの一世紀(2CD)
Mirza Abdollah, Aqa Hossein Qoli, Qolam-Hossien Darvish, Ali-Naqi Vaziri, Musa Ma'rufi, Yahya Zarpanjeh, Ali-Akbar Shahnazi, Morteza Ney-davud, Abdolhossein Shahnazi, Nasrollah ZarrinPanjeh, Lotfollah Majd, Qolam-Hossein Bigjeh-Khani, Jalil Shahnaz, Farhang Sharif, Hushag Zarif, Mohammad-Reza Lotfi, Ata Jankuk, Hossein Alizadeh, Daryush Talai, Daryush Pirniakan 
イランMahoor Institute *ずらりと歴代タール名人が並んだコンピレーション。おそらくミルザー・アブドゥッラー(1843-1918)の独奏を収めた唯一の盤(冒頭の一曲だけですが)。2枚目の裏ジャケットで父と叔父の間で一人セタールを構えるのは少年時代のエバーディー。 ¥3,100
〓▲セタールの一世紀(2CD)
Ali-Naqi Vaziri, Abdollah Dadvar, Yusef Forutan, Sai'd Hormozi, Abolhasan Saba, Arsalan Dargahi, Moshir Mo'azzam Afshar, Ahmad Ebadi, Nur-Ali Borumand, Hasan-Ali Daftari, Mahmud Tajbakhsh, Daryush Safvat, Jalal Zolfonun, Mohammad-Reza Lotfi, Hoseyn Alizadeh, Daryush Talai
イランMahoor Institute *歴代のセタール名人を集めたコンピレーション。タール、セタール共に最後の方にアリザーデ、タライ両氏が名を連ねています。 ¥3,100
▲アリナギ・ヴァズィーリー作品集2 
 オーケストラ曲

      
イランMahoor Institut *イラン近代音楽の父と言われるヴァズィーリー(1887-1979)の作品集第2弾。西洋式のオーケストラで演じられるイランの伝統舞曲レングが中心。どこか懐かしげに聞こえるのが不思議。表題性からだろうか、トーキー映画のサントラのようにも聞こえる。後半の3曲では名歌手バナーンの歌声が聴け、これがまた良い。 \2,500
〓▲アーガー・ホセイン・ゴリーのラディーフ(3CD) 〜アリ・アクバル・シャーナズィー(Tar)
   
イランMahoor Institute *偉大な彼の父から受け継いだラディーフ(各ダストガーに含まれる全てのグーシェの旋律の雛形集)演奏を収めた3枚組。父と叔父が極めたタール演奏を引き継いだカージャール朝宮廷楽士直系の名演。 ¥4,450
▲アリ・アクバル・シャーナズィー(Tar)
/ピシュダルアーマドとレング集

   
イランMahoor Institute *弟ミルザー・アブドゥッラー(アフマド・エバーディーの父でシャーナズィーの叔父)と並んで現代ペルシア音楽の直接の始祖と言われる兄アーガー・ホセイン・ゴリーの実子シャーナズィー(1897-1984)。器楽による序曲的なピシュダルアーマドと、イランの代表的舞曲レング(6/8や3/4のリズムが特徴的)という、古典演奏の中の拍節のある部分を取り上げた編集盤。 ¥2,500
▲サイード・ホルモズィ(1897-1976)
/Setar Solo
イランMahoor Institute *ダルヴィーシュ・ハーン他に師事した往年のセタール、タール名手。枯淡の味わいのソロ。 ¥2,500
▲サイード・ホルモズィ(1897-1976)
/Setaar
イランMahoor Institute *往年のセタール名人のソロ。PCで見られるモノクロ10分のビデオトラック付き。
¥2,500

▲モルタザー・ネイダーヴード
Radif of Persian Music on Tar (4CD)

Dastgah-e Shur,
Avaz-e Abu`ata,
Avaz-e Bayat-e Tork,
Dastgah-e Segah,
Dastgah-e Chahargah,
Dastgah-e Homayun,
Dastgah-e Mahur,
Dastgah-e Rastpanjgah,
Dastgah-e Nava
 

イランMahoor Institute *アーガー・ホセイン・ゴリーやダルヴィーシュ・ハーンに師事した往年のタール名人(1900-1990)によるラディーフ集。一部曲の頭につぶやくように曲名(グーシェ名)ナレーションが入ります。インタビューも16分あり、トータル4時間に及ぶ玄妙かつ枯淡のタールの世界。ホマーユン旋法の演奏に自身の名を付けたと思しきグーシェがあります。解説の英訳も完備  ¥5,850
▲アルサラーン・ダルガーヒ/Setar
Mahur, Shur, Dashti, Nava, Afshari, Mahur

      
イランMahoor Institute *1902年生まれで73年没。少年時代よりダルヴィーシュ・ハーンとネイ-ダヴードにタールを師事したものの、その後タールを捨て、独学でセタールに専念した人。しかも特殊な楽器を使っていたようです。シュールの演奏のバックでは、ペルシアらしくbolbol(鴬)?の囀りが後ろに(故意に?)入った録音もあって謎です。風流で孤高の演奏家だったのでしょう。 \2,500
▲アボルハサン・サバー
/Centenary of Ostad Abolhasan Saba

イランMahoor Institute  *ヴァイオリンとセタールの演奏を収録。タイトル通り、サバー(1902-57)の生誕100周年を記念してリリースされた編集盤。 ¥2,500
▲アボルハサン・サバー(1902-1957)
 /セタール独奏

旋法(或いは曲名):マーフール、アフシャーリー、Gereyli(トンバク伴奏と歌:ホセイン・テヘラーニ)、アフシャーリー、アブアター他
*あのパイヴァールもサバーからラディーフを習ったという往年の大音楽家。
イランMahoor Institute of Culture and Art


※さすがに音は悪いですが、昔はこんな演奏をしていたのかと驚きが隠せない、またとても凄みのあるスケールの大きな演奏ぞろい。イラン近代音楽の父と言われるヴァズィーリーと名歌手バナーンのツーショットなど、貴重な写真も多数。ペルシア語と英語解説付き
¥2,500
▲アリ・アクバル・シャーナーズィ(1897-1984)
 /タール独奏

旋法:シュール、ダシュティ、アブアター、セガー、マーフール、バヤーテ・エスファハーン、マーフール、バヤーテ・トルク
イランMahoor Institute of Culture and Art ¥2,500
▲アリ・ナギ・ヴァズィーリー(1887-1979)
 /タール独奏とオーケストラ作品集

旋法(曲名):チャハールガー(髪を振り乱した少女)、ダシュティ(音楽の体操)、ラディーフェ・ダシュティ、バヤーテ・エスファハーン、マーフール(綱渡り師)他
オーケストラ作品:キャラヴァン、ダシュティ旋法のレング、ダシュティ旋法の小品、セガー旋法のピシュダルアーマドとレング、薔薇園(アフシャーリー)、君を欲す(マーフール 歌唱はバナーン)
イランMahoor Institute of Culture and Art ¥2,500
〓▲アフマッド・エバーディーのセタール即興Vol.1 & Vol.2
イランMahoor Institute 下記2枚シリーズは、セット売りのみに変わりました。 ¥3,100
〓アフマッド・エバーディーのセタール即興Vol.1

ダストガー名:シュール、アブアター、バヤーテ・トルク、チャハールガー、セガー、バヤーテ・エスファハーン、アフシャーリー
イランMahoor Institute ※かの有名なミルザー・アブドゥッラーの息子で、19世紀のペルシア古典音楽を最も正当に継承していたセタールの巨匠(1907-1992)のおそらく晩年の録音。玄妙な即興の閃きは「鳥肌」すら通り越しています。セタール・ファン必聴! (一部トンバク伴奏付き) ¥2,500

品切れ
〓アフマッド・エバーディーのセタール即興Vol.2

ダストガー名:ラスト・パンジガー、アブアター、マーフール、ダシュティ、ホマーユン、セガー
イランMahoor Institute ¥2,500

品切れ
▲ゴラム・ホセイン・ビグジェーハーニ/Tar
Avaz-e Bayat-e Esfahan, Dastgah-e Segah,
Avaz-e Bayat-e Tork, Avaz-e Afshari
イランMahoor Institute ※イラン北西部アザルバイジャンの州都タブリーズ出身のタール奏者(1918-87)。テヘランの古典音楽を中心に学んだ人のようですが、伴奏の太鼓はトンバクではなく枠太鼓ダイェレ。この辺がタブリーズ楽派らしい所。タールの鋭いトレモロを伴う速弾きも「アゼルバイジャン」を強く感じさせます。 ¥2,500
▲ゴラム・ホセイン・ビグジェーハーニ
/Khoshnavaz

Dastgah-e Shur, Dastgah-e Segah,
Tasnif-e Torki, A Folk Tasnif etc.12曲
イランMahoor Institute ¥2,500
▲フーシャング・ザリフ
/ Course of Tar (4CD)
イランMahoor Institute ¥5,850
▲フーシャング・ザリフ/Tar
      
イランMahoor Institute *パイヴァール・アンサンブルの一員として活躍したタールの名手(1938- )。独Musicaphon音源(RounderのAnthology of World Musicシリーズ)にはソロが入っていましたが、彼だけの盤はおそらく初では。気品溢れるエスファハーンとダシュティ。ヴァズィーリーのダシュティ練習曲、綱渡りする人等、革新的?な曲も数曲。 ¥2,500
▲ダルヴィーシュ・ハーン作品集 
 アルシャド・ターマースビ(Tar)、
 ダリウーシュ・ザルガリ(Tombak)



       
イランMahoor Institute *アーガー・ホセイン・ゴリーの直弟子ダルヴィーシュ・ハーンの作品(ピシュダルアーマドとレング等)をターマスビ(アリザーデのアルバムHamnava'iの相方)が演奏。こうして聞くと、いかに耳馴染みの節が多いかに驚かされる。 ¥2,500
ケマンチェ(キャマンチェ)、ヴァイオリン
▲アボルハサン・サバー
/ソロ・ヴァイオリン(2)
  (2CD)
Ostad Abolhasan Saba, Solo Violin ( 2 )

イランMahoor Institute CD 1: Shur , Abu'ata , Dashti
CD 2: Segah , Shushtari , Esfahan


前作Violinの一曲目で、デイラーマーンの節(故・小泉文夫氏も特別に言及されていたダシュティ旋法のグーシェ。北イラン起源)を正に歌うが如くにヴァイオリン独奏していた往年の大巨匠のヴァイオリン独奏が、何と2枚組2セットで登場。絶品と言う他ない名演!!
¥3,100
▲アボルハサン・サバー
/ソロ・ヴァイオリン(3)
   (2CD)
Ostad Abolhasan Saba, Solo Violin ( 3 )

イランMahoor Institute CD 1: Chahargah , Segah , Afshari
CD 2: Nava , Rast-Panjgah


前作Violinの一曲目で、デイラーマーンの節(故・小泉文夫氏も特別に言及されていたダシュティ旋法のグーシェ。北イラン起源)を正に歌うが如くにヴァイオリン独奏していた往年の大巨匠のヴァイオリン独奏が、何と2枚組2セットで登場。絶品と言う他ない名演!!
¥3,100
〓▲アボルハサン・サバー/Violin
   
イランMahoor Institute *セタールだけでなくヴァイオリンの名手としても知られた往年の巨匠サバー(1902-57)のソロ。数曲ホセイン・テヘラーニのザルブ叩き歌いが入る。ヴァイオリンによる歌の模写、というより歌っているように聞こえる信じられない音色。名高いデイラーマーンの節(ダシュティ旋法)で始まる。若き日のパイヴァールも登場。 ¥2,400
▲アスガール・バハーリー
/Santour And Kamanche

Kamanche: Asghar Bahari
Santour: Reza Varzande
(Abuata, Shoor, Homayun, 4gah, -->Shushitari /15track)
Chaharbagh Institution ケマンチェの至宝 アスガール・バハーリーの録音各種

OcoraのMusiques Persaneやオランダ・フィリップスからのユネスコ・コレクション(LP)などに録音を残した往年のケマンチェの巨匠アスガール・バハーリー(1905〜1995) のイラン盤音源が一挙8点登場。トンバクのホセイン・テヘラーニやサントゥールのファラマルズ・パイヴァール等と共演していた世代ですが、CDはCALTEXのソロ盤位で、何故かMahoorにも録音がなかったので、嬉しい悲鳴の出そうな?リリースです。ペルシア音楽やケマンチェ・ファンは勿論、正統派ペルシア古典音楽の頂点を聞きたい方には特にお薦め。これぞケマンチェの音色!! 
(註 4gah=Chahargah)


youtube
各\2,500

ご予約分は入荷済
▲アスガール・バハーリー
/Naghmehaye Jansoz


Kamanche: Asghar Bahari
Tombak: Jahangir Malek
(Shooshitari, Homayun, Afshari, Hajiyani, Aragh, -->4gah /13track)
Chaharbagh Institution
▲アスガール・バハーリー
/Hasele Omr


Santoor: Faramarz Payvar
Kamanche: Asghar Bahari
Tonbak: Hosein Tehrani
Chaharbagh Institution
▲アスガール・バハーリー
/Avay-e Bahari


Kamanche: Asghar Bahari
(Tasnifha /19track)
Chaharbagh Institution
▲アスガール・バハーリー
/Tabasome Bahar

Kamanche: Asghar Bahari
Tar: Hamid Motebasem
Tombak: Morteza Ayan
(Abuata -->Renge Mahoor az Darvish Khan /15track)
Chaharbagh Institution
▲アスガール・バハーリー
/Kamanche: Ali
Asghar Bahari
Ava Khorshid
▲アスガール・バハーリー
/Kamancheh solo-1


Kamanche: Ostad Asghar Bahari
(Abuata, Bayate Esfahan)
Iran Seda
▲アスガール・バハーリー
/Kamancheh solo-2


Kamanche: Ostad Asghar Bahari
(Mahoor, 4gah)
Iran Seda
▲KIMIA

Violin: Maestro Parviz Yahaghi
Tonbak: Maestro Mohammad Esma'ili
01. Daramad-e Shooshtari
02. Se-Zarbi-e Shooshtari
03. Charmezrab-e Shooshtari
04. Daramad-e Shoor
05. Se-Zarbi-e Shoor
06. Charmezrab-e Shoor
イランBarbad *往年の名ペルシアン・ヴァイオリニスト、パルヴィーズ・ヤハギの至芸。 \2,500
▲RAZ

Violin: Maestro Parviz Yahaghi
Piano: Maestro Javad Ma'roofi
Tar: Maestro Jalil Shahnaz
01. Daramad-e Bayat-e Esfahan
02. Ghet'eh-e Zarbi-e Bayat-e Esfahan
03. Charmezrab-e Bayat-e Esfahan
04. Daramad-e Dashti
05. Ghet'eh-e Zarbi-e Sangin-e Dashti
06. Charmezrab-e Dasht
i
イランBarbad *ヤハギさんと、ペルシアン・ピアノのもう一人の巨匠、ジャヴァッド・マアルフィ、タールのジャリール・シャフナーズのトリオ。 \2,500
▲MEHR & MAHTAB (2CD)

Violin: Maestro Parviz Yahaghi
Tar: Maestro Jalil Shahnaz
Tonbak: Maestro Amir Nasser Eftetah

MEHR
01. Daramad-e Homayoun
02. Ghet'eh-e Zarbi-e Homayoun
03. Charmezrab-e Homayoun
04. Ghet'eh-e Zarbi-e Sangin-e Mahoor
05. Avaz-e Mahoor & Rast
06. Charmezrab-e Mahoor & Rast

MAHTAB
01. Moghaddameh-e Segah
02. Zabol
03. Ghet'eh-e Zarbi-e Sangin-e Segah
04. Edameh-e Avaz-e Segah
05. Charmezrab-e Segah
06. Ghet'eh-e Zarbi-e Sangin-e Bayat-e Zand
07. Avaz-e Bayat-e Zand
08. Charmezrab-e Bayat-e Zand
  
イランBarbad *Radio Darvishでもよく聞くデュオ、ヤハギ&シャフナーズの2枚組。 ¥4,900
〓▲カージャール朝のキャマンチェの芸術
       
イランMahoor Institute *擦弦楽器キャマンチェの往年の名手Baqer KhanとHossein Khan Esmailzadehの演奏を収録。この楽器で最も有名なアスガール・バハーリーより古い時代の演奏家。と言うことは19世紀生まれの楽士です。エグバル・アザルやレザゴリの歌伴奏が中心。  ¥2,500
▲ロクネッディン・モフターリ/Violin
   
イランMahoor Institute *1887年ケルマンシャー生まれのヴァイオリン名人。ピシュダルアーマドなどの拍節のある部分の作曲を得意としていた人。トンバク伴奏は、何とあのタール、セタールの巨匠ヌール・アリ・ボルーマンド。 ¥2,500
▲ロクネッディンハーンの作品集 
 アルシャド・ターマースビ(Tar)
  
イランMahoor Institute *ピシュダルアーマドやレングのようなリズムのある楽曲形式の佳曲を多く残したロクネディンハーン。トンバク抜きがかえって良い。 \2,500
ネイ(葦の縦笛)
〓▲ハッサン・キャサイ
〜イランのネイ

 ダストガー:シュールとマーフール
 ジャハンギール・ベヘシュティ(トンバク)
仏PLAYA SOUND *ネイは葦で出来ていて、吹き口は切ったままの状態に真鍮の筒をはめた、極めてシンプルな縦笛。構えは大概髭で見えにくいが、歯の隙間と舌を有効に利用している模様。トルコのネイと似ているが吹き口が違う。丸い筒のままなので、音を出すだけでも至難の技。そしてこのシンプルさが手伝って、イランではとてつもない名人芸が生まれた。この盤はイスファハーンの往年の巨匠の唯一のまとまった録音。苦悩のパッションを描き出すシュールと、雨後の虹のように美しく晴れやかなマーフールの対照的な組み合わせがまた良い。拍節のある部分では一部トンバク(ザルブ)伴奏が入る。現代の名手にはこの人の影響を受けた奏者が非常に多い。余りに凄演! (音楽之友社「世界の民族音楽ディスクガイド」掲載の拙稿) ¥2,400
 TOP